システムインテグレーターとして最も大切に思う事、それは、現場現物主義。

アイティ経営コンサルタントでは、システムインテグレータとしての、優れたIT技術力と深いシステム開発の知識は不可欠だと思っています。でもそれだけでしょうか?ソフトウェア管理者・製造業工場向けエンジニアの皆様で、システム開発をご検討されている方には、特にご提案さしあげます。

現場現物主義からはじまるシステムインテグレータ

アイティ経営コンサルタントがシステムインテグレータとして、最も大切に思う事。
それは、「現場現物主義」。製造業向け工場には、単に「課題を解決するためのシステムを開発しましょう…」だけでは、解決できない問題も多くあります。

まずは、現場を観察・分析することから始まると考えています。
アイティ経営コンサルタントでは、工場の業務フローからどこをシステム化すれば、効率が上がるか、どこを人的リソースでまかなえば、効率が上がるかを鋭意検討し、提案いたします。

半導体工場でのシステム運営経験があるからこそ、現場の改善点を提案。

アイティ経営コンサルタントのシステムインテグレータは、業界で最も複雑な業務フローと言われている半導体工場システムの改善と運営に十数年間携わってきました。
業務フローの見直しやソフトウェアのアルゴリズム、データベース構築を経験し、効率の良い業務フローの構築とシステム構築を成し遂げてきました。

システムインテグレータは、単なるシステムエンジニアでは勤まりません。現場の声を聞き、マネージメントできる人材こそが、システムインテグレータに不可欠な資質と考えています。
工場でのシステム運営経験があるからこそ、現場の改善点が提案できます。
そこから見えてくるベストプランとお客様の笑顔。
それがアイティ経営コンサルタントの提案であり、システムインテグレータとしての喜びだと感じています。

システム開発ワークフロー

アイティ経営コンサルタントでは、「ヒヤリング」と「仕様設計」に関わるお打ち合せを最も重要と考えております。現場での業務フローや現在の問題点を徹底的に調査・分析して、貴社にとって最善の対策をご提案します。

1.現場・現物でのヒヤリング

システム受託開発で最も重要なこと。それは、お客様からのヒヤリング。お客様の業務の流れや課題を必ず「お客様との対面」「お客様の現場現物」にて、私ども自らが見て、聞いて、調査・分析いたします。

2.システム仕様設計

ヒヤリングが一通り完了したところで、仕様設計に着手します。

3.システム開発

仕様設計が一通り完了したところで、システム開発に着手します。 システム開発に際しましては、お客様に進捗報告を行いながら進めます。その時点で実際の使い勝手などを体験していただき、仕様改善、変更などにも柔軟に対応させていただきます。

4.システム動作テスト

システム開発が一通り完了したところで、システム動作テストを行っていきます。
システム動作テストに際しましては、机上のみならず、実際の現場で、操作する方々にもデータ入力や帳票の出力も行っていただきます。

5.システム導入

システム導入テストで、十分ご満足いただけるレベルに達しましたら、システム導入を行います。
実際に現場でデータ入力をする方、情報を活用・管理資料を作られる方などを対象にシステム導入トレーニングを行います。

6.システムメンテナンス

システムは、導入してからが大切だと考えています。作業効率は、本当に改善されたか、システム開発当初の効果(効率化、省力化など)は、目標値を上回ったか、など実際の効果を算出し、さらなる改善点を検討していきます。システム開発、システム導入テストでも発見できなかったバグが発生しうる場合はあります。日常業務で、ほとんど行わないイレギュラーな操作、特殊な条件下での入力などによりバグが発生する場合もあります。アイティ経営コンサルタントでは、導入後1年間、そのようなバグに対しても無償にて修正を行います。

年間保守会員様向けオンラインサポート
年間保守会員様向けオンラインサポート