持続的な成長

経営環境の変化を洞察し、戦略に基づいたITの利活用による経営変革により、企業の健全で持続的な成長に導く。

経営者の事業への想い

私たちはITコーディネータの一員としてITコーディネータ協会が定義する「IT経営」に基づき、
企業様の経営目標を達成し、経営者の事業への「思い」を実現するために強力に支援をいたします。

経営戦略を実現

企業理念と経営者の思いに立ち、外部の経営環境やIT利活用環境の変化を洞察し、内部で抱えている課題や、まだ気づいていない潜在的課題を見出し、企業のあるべき姿を描き、経営目標に向かって、現状とのギャップを埋める経営戦略を策定、実現する支援をいたします。
その手段として、ウェブマーケティングやシステム開発・ホームページ制作が必要な場合、さらにそれらのアフターフォローが必要な場合もスタッフ一丸となって、貴社をサポートいたします。

IT経営とは

経営環境の変化に合わせた経営革新とITサービスの利活用により
企業の健全で持続的な成長を導く経営手法である。

時代の潮流は、SaaS・クラウド・インターネット・オンラインショッピング・・・
IT利活用を避けては効率の良い経営ができない時代。
だからといって、無計画なIT投資やターゲットユーザを見据えないシステム導入や
ホームページ公開は経営の大きな重荷になってしまいます。

経営環境が激変する今日は、ターゲットをしっかり見据え、大きな満足を与え、
ターゲットユーザとのWin-Win関係を構築するためのIT経営が必要不可欠な時代です。

IT経営の根底にある「経営革新」

「IT経営」とは何でしょうか?

よく誤解されるのが「ITを使った経営」との連想。。。「IT経営」はIT導入が前提ではありません。

あくまでも企業を持続的に成長に導くことが根底にあり、
経営環境が激変する今日において「今のままで留まる経営」では持続的に成長する企業にはなり得ない、
だからこそ「今までと変わること」、
すなわち「経営革新」が必要で、それに導くためのIT利活用であるべきです。

 

企業が持続的に成長するには何が必要か?

ターゲットユーザをしっかり見据えながら、
自社の「IT経営の成熟度」に合致した「戦略経営サイクル」を持続的に回す、
それによって経営革新が行われ、企業が持続的に成長すると考えています。

すなわち、ターゲットユーザが求める企業に成長するには経営革新が必要不可欠であり、
それには自社の「IT経営の成熟度」を向上させつつ、成熟度に合致した「戦略経営サイクル」を回すことに他なりません。

 

IT経営の成熟度とは?

私共、アイティ経営コンサルタントではIT経営成熟度診断ツールを使用して、
客観的に御社のIT経営成熟度を測定し、次に進むべき方向のコンサルティングを行っております。

SPDLI経営サイクルでは、戦略レベルの見直しを含めて検討し、
PDCA管理サイクルでは、計画に基づいた目標達成度を評価し、PDS業務サイクルでは業務計画とその達成度を評価しつつ、貴社が進むべき方向を経営者様と一緒に考えていきます。

年間保守会員様向けオンラインサポート
年間保守会員様向けオンラインサポート