Webサイトを育てるために大切なこと

Webサイトを公開したお客様へ大変お疲れ様でした。
Webサイトは「制作」してゴールではありません。「スタート」です。
Webサイトを公開したらなにをしたらいいのか? Webサイトで大切なこととは? をご説明させていただきます。

大切なこと1 Webサイトは営業マンです

Webサイトを開設したら新人の営業マンを一人前に育てることと同じことだと思ってください。

何も言わなければ、新人の営業マンは何年経っても育ちません。Webサイトも公開してから、何もしなければ何も起きません。

Webサイトは、日々コツコツ更新して、情報を増やしが蓄積させることで成長していきます。
ご自身の会社の営業マンを思い浮かべてください。一人前になるには最低何年かかりますか?
Webサイトも同じくらいだと思ってください。

Webサイトがやがて立派な営業マンになればWebサイトを訪問したユーザーに情報を表示してくれたり、ベテラン営業マンの補佐として情報を表示してくれたりします。

Webサイトの運用はとても時間がかかる大変な作業ですが、御社のビジネスの成功へと導いてくれるツールになることを目指して、日々コツコツとがんばりましょう!

大切なこと2 言わなければだれも気づかない

実店舗をオープンしたとき、チラシやTVCMをして告知しますよね?
Webサイトも同じです。ユーザーに告知しなければだれもWebサイトに訪れません。

・印刷物(名刺・チラシ・ハガキ等)にWebサイトのアドレスを入れる。
・クライアントに印刷物を渡す時に「Webサイト作りました!ぜひ見てください!」と伝える。
・社内スタッフへWebサイトを作ったことをお知らせする。
・SNS(Facebook・Twitter・ブログ等)で告知する。

など、まずは、できるところからはじめましょう!

大切なこと3 Webサイトでとことんトライアンドエラーを繰り返しましょう

Webの強みは、すぐに実行でき、実行したことに対してすぐに反応が見えるところです。
世間の反応を見てすぐにWebサイトの軌道修正ができ、同業他社より早く動けます。
方向性が違っているように感じれば、すぐに非表示にすればよいです。
ユーザーの反応はアクセス解析を見てみましょう。

もちろん印刷物にも強みはあります。それぞれの特性を生かして自社の営業に活かしていきましょう。

私たちがお客様に寄り添い、サポートし続けるために

私たちは、Webサイトを制作したお客様には必ず「年間保守契約」をおすすめしております。

年間保守契約とは、お客様のWebサイトが公開後、チームで運用をサポートさせていただくサービスです。
Webサイトの運用だけでなくシステム開発、印刷物など、お客様の経営に合わせたご提案も可能です。
お気軽にお問い合せください。

私たちが年間保守契約をお勧めする理由はこちらをご覧ください。

私たちは安心サポート体制づくりで、お客様のWebサイト公開後チームで運用をサポートさせていただきます。

関連記事

  1. スタッフ紹介 Webデザイナーになるまで

  2. 私たちが年間保守契約をお勧めする理由

カテゴリー